Love and Realism

someoneでありIでもある者の宣言。あるいは、、、

                    text by AMEPHONE(音楽家)


教会という装置のイマージュについて。神の超越性からそれを具現する唯一の人としての司祭の存在、そして聴衆〔信徒達〕まで。垂直に貫かれたヒエラル キー。やがて救済の原理がこれを相殺する。つまり上からの抑圧的なエネルギーは行き場を失い四方上下の区別なく空間内に炸裂する。さて、この祝祭の場にふ さわしい音色とは何であろうか。言うまでもなくオルガンのそれである。巨大な音塊は充満し、世俗的な関係性のコードを毟り取っていく。我々はしばしば、 オーディオのこちら側で、この収奪の装置〔としての祝祭空間)が始動するのを聞く。あるいは、皆殺しの現場を、目撃する。


ではピアノではどうか。ピアノ、ピアノ..


爆発する寸前、聖なる抑圧の力の飽和点において〔あるいは減衰していく殺しの余韻の中で〕、果たしてピアノが、一音小さく鳴る。全てはその動きを止める。 フリーズする。緊張が起こる。弾き手は視線にさらされる、そしてどうやら震えている。それは無理もないことと言える。視線が投げかけられる。おまえは誰な のだ。誰?弾き手はそう独り言ちる。空間はやがて湿り気を帯びはじめ、柔らかな肉体の侵入を受け入れるであろう。ピアノはいつの間にか四拍子を刻み始め、 リニアな時間軸が設定される。手の動き。我々の視線。そして最後の問い。おまえは誰なのだ。その時、高らかな歌声が立ちあがり、これに答える。


女だ


とある夏の日の午後、私は、自室でオーディオ装置を調整している。位相を合わせ、焦点深度を探る。クローズアップ。仔細に検討してみること。彼女の鼻筋か ら唇へ。あるいは首の描くラインをたどり、唇。無数の襞が接触し、摩擦が起こる。振動が漏れだす。言葉のフォルムを確認する、あそこに一つ、ここにもう一 つ。それらは線的な連なりを示さぬまま、したがって旋律化されることなく、とぎれとぎれに漏れ出でる。砕かれた石膏の破片を、拾い集める手と手。仔細に検 討してみること。


──Alphabet. 読みえぬ外国語。それはただ発音される。意味へ至る以前に、震える唇。併置された日本語は翻訳として機能しているであろうか。いやむしろ、常にその対象か らの驚異にさらされているかにみえる。来てみろ、私を読めるか、と。並べ置かれながら、寄り添うことのない、二つの言語──


遠くで、歌声があがる。

顔を上げる。不意をつかれ、手を放す。今、目の前を横切って行く、歌。


“Even if someone is told that I do not have the qualification for.../ 何する資格が無いと言われても…”


不気味なほど軽やかに、シンコぺートしていくメロディー。その進行の快調な様子にむしろ戦慄する。何がおきているのか。何処で歌われ何を告げているのか。 someoneでありIでもある者の宣言。あるいは、私はそのようなものではない、ということを証明し続けるためにだけ、幾度でも、歌いなおされる歌。最 早、手がかりも残さず、それは行った。そして再び、ピアノ。弾き手はうつむき、待機している。一音鳴らし、次の一音で、また新たな跳躍…


繰り返し、場所を持たぬ歌


ある曲の、冒頭にフルートを聞く。ピアノを読み解くことで始まり、やがてこの解釈から離れ、即興。ピアノは独自にハーモニーを模索し、一つのコードに戻る。あらかじめ定められていた調とは、


 “絡み合う蔓の向く先は…”


ピアノのコード、言葉、やがてサックスが入り、展開し、リットして、基音に戻り、


そして奇跡が歌われる。

それは外国語のための発音で歌われた母国語による文。震える唇が発する輝く言葉それ自体。

一息で、ついに語り得た


以後も音楽は続く。続けて奏でられる。ピアノ、植物、言葉、ラフマニノフ、教会、チェロ、サックス…重なり合うイマージュの狭間に、おぼろげに浮かび上がる女の像がある。あれは誰か。否、問うことなく先へ進め、聴け。

1. Intro "round 'n' round"

2. To be sure, it exists

3. Foolish woman

4. No

5. Answer

6. Happy

7. Like a bud

8. "Love and Dream", Sergei

9. Lier's lie is not lie

初回特殊仕様パッケージ

AnN-shitsu Records

2006.3.31 Release

ANST-001 (dear Air)

“Love and Realism”

Artwork : Yuichi Higuchi / Photograph : Chie Tatsumi

The tunes of ‘Love and Realism’ are mainly consisted of piano and voice of Mujika Easel, mixed with sax, upright bass, mixing board, and table-top guitar. The classical-ambient-improvisational tone of the songs, and her vibrato filled with love and sacredness directly echo into souls of people beyond ages.


The churchly atmosphere of the acoustic space and a privately recorded whispering were directed with preeminent auditory sense into this masterpiece, that was the concentration of the whole works of Mujika Easel.

piano & voice : Mujika Easel / Photograph : Yamada

"Love and Realism" Japan 2006