1978年、大阪生まれ、幼少から音楽に親しむ。いくつかのバンド活動を経た後、凝縮された時間の中で動く子供のような生き物「映糸(エイシ)」を結成、アップライトベース&ボーカルを担当。2003年11月に MIdI creative/nobleより1st album『awaawa』をリリース。2005年6月に MIdI creative/nobleよりNYの音響アーティスト、Taylor Deupreeによる1st album『awaawa』のリコンストラクト・アルバムがリリースされる。

2006年に音楽レーベル「AnN-shitsu Records」を立ち上げ、1st solo album『Love and Realism』をリリース。その後、長らく離れていたクラシック音楽に立ち戻り、2nd Anbumの制作と並行して、フーガ、オーケストレーション、オーボエなどを学び新たな音楽性を探り続ける。

2009年、「dear Air」を立ち上げ、その第一弾として2010年9月にMujika Easel 2nd Album『海辺より』をリリースを決意。同年秋頃、イタリア人アーティストとのプロジェクト作品『Autumn is Coming, We're All in Slowmotion』 Andrea Ferraris/ Matteo Uggeri with Mujika Easel and Andrea Serrapiglioがhibernateよりリリース予定。

クラシカル、音響、即興性を持つサウンドと独自の声の佇まいは、時代、年代を問わず歌ものとして聴く人の心に響く音楽を届ける。その歌声は静謐であり力強く、美しき問いかけのような響きをたずさえて存在する。
Copyright (c) 2010 Mujika Easel All rights reserved.